【山口那津男 本音でズバッと】天皇陛下の「平和への想い」 沖縄の基地負担軽減へ決意新た

 今年の8月15日は、平成最後の「終戦の日」となり、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で行われた。

 来年の4月30日から5月1日にかけて、天皇陛下が退位され、皇太子さまが即位される。それにともない、平成が終わり、新しい元号が定められる。

 天皇皇后両陛下が追悼式に出席されるのは、今年が最後となる。参列した遺族の代表らは、天皇陛下のお言葉にじっと耳を傾けていた。

 特に、お言葉の結びで、私は陛下の「平和への想い」を深く感じた。「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ」と戦後を振り返り、「深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願って戦没者を追悼し、「世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられたところである。

 天皇陛下は、即位10年の記者会見で、3歳の昭和12(1937)年に盧溝橋事件が起きたときから、11歳の同20(45)年に終戦を迎えるまで、「戦争の無い時を知らないで育ちました」と述べられた。だからこそ、長きにわたる平和な歳月を噛み締めているように思われる。

 戦後50年の平成7(95)年前後から、硫黄島、長崎、広島、沖縄、サイパン、ペリリュー、フィリピンなど、いたましい犠牲者が出た所を慰霊に訪れた。これらの行動からも、深い反省とともに平和を望まれる強い決意を感じるのである。

 戦争の経験がない私たちの世代も、「平和への想い」を引き継いで、戦争の惨禍を繰り返さない誓いを新たにしたい。

に掲載されているニュースの見出しを提供しています

(Visited 41 times, 1 visits today)

Leave a Reply