東証続伸、半月ぶり高値 190円高、円安を好感

 24日の東京株式市場は、外国為替市場の円安ドル高を好感した買いが先行し、日経平均株価(225種)は続伸し約半月ぶりの高値をつけた。

 終値は前日比190円95銭高の2万2601円77銭。東証株価指数(TOPIX)は10・98ポイント高の1709・20。出来高は約9億8300万株。

Loading...

 米国の追加利上げ観測を背景に円安ドル高が進むとの見方が広がり、取引開始後から買いが先行した。午後に入ると一段高となり、好業績が期待される輸出関連株や銀行、保険株などを中心に買いを集めた。上海株が堅調に推移したことも相場を押し上げた。

 ただ週末を控えていることから積極的な取引を控える動きも目立ち、出来高は20日以来、4営業日ぶりに10億株を割り込んだ。

に掲載されているニュースの見出しを提供しています

(Visited 25 times, 1 visits today)

Loading...

Leave a Reply