水かきが止まらないハスキーに「水がもったいない!」としかりつける猫のお説教

dropped78
 
 資源というのは限りがあって、無駄遣いしちゃいけないよというのはある程度大きくなれば分かってくる。だけれども、水遊びが楽しくて仕方ない時期ってのもある。

 たらいに張った水で我を忘れて水かきしていた小さなシベリアン・ハスキーが猫先輩から教育的指導を受ける姿が目撃された。

スポンサードリンク


[embedded content]
The Cat: Cease losing water canine

 せっせせっせとたらいの水を水かきするハスキー。暑い夏なんかにやったらさぞ涼しくて気持ちいいことだろう。しか~し、そこに猫先輩が現れた。どうする?どうなる?

 しゃかしゃか水かきに余念がないハスキー
dropped79

 そこに猫先輩が現れ、突然の猫パンチ
dropped81

 長めのお説教では「水は無駄にすんニャ!」とか言われているのかもしれない
dropped80

 最後には壺の後ろに頭を隠してしまうハスキーなのであった
dropped82

 遊んでいるうちについついハッスルしちゃうことはよくあることだ。水かきするハスキーの何が猫の気に触ったのかはいぜんとして謎に包まれている。猫らしいといえば猫らしいけど果たしてなんだったんだろうね。

written by kokarimushi

あわせて読みたい
ワイより先に寝るんじゃねえ!寝てる犬を猫パンチで叩き起こす猫

「寄るにゃ触るにゃ近づくにゃ!」背後から忍び寄るクマーに向かって猫パンチが炸裂

猫と犬と猫のトライアングルなのか。尻尾に飛びついた犬に猫パンチした猫に思わぬ制裁が待っていた。

肉球と肉球のぶつかりあい。猫先輩からパンチを習う子犬

「肩と腰にきてますわ」ナニコレ。うちにも来てほしい。凄腕のマッサージ猫あらわる!

Link

(Visited 39 times, 1 visits today)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *