19号&20号ダブル台風、雨量1000ミリ超も

 非常に強い台風19号は22日、九州の西の海上を西寄りに進んだ。九州では23日にかけて、大雨や暴風、高波に警戒が必要だ。強い台風20号も勢力を保って北上、23日午後から24日に西日本へかなり接近、上陸する可能性がある。気象庁は、西日本を中心に荒れた天候になるとして、厳重な警戒を求めた。四国や東海では、19号以降の雨量が1000ミリ以上の場所もあるとしている。

 台風19号は22日正午現在、長崎県五島市の南西約280キロを時速約20キロで西北西へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内で風速25メートル以上の暴風域となっている。

 台風20号は同じく22日正午現在、父島の南西約400キロを時速約30キロで北西へ進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルと徐々に強さを増している。

に掲載されているニュースの見出しを提供しています

(Visited 43 times, 1 visits today)

Leave a Reply