とらえたエモノは逃さない!ウサギをつかまえたキツネと、ネコババをもくろむワシの空中戦

 ウサギをつかまえて、足取りも軽く草原を走るキツネ。ところがそのウサギを、横から飛んできたワシにさっそうとネコババされてしまうという驚きの展開が待っていた。  どっこい、キツネはただでは転ばない。なんとくわえたウサギを口から放さず、そのまま宙へと舞い上がったのだ。  せっかくとらえたエモノを、ここで逃してなるものか! ワシ vs キツネの結末はいかに? スポンサードリンク [embedded content]Wonderful video reveals eagle battling fox for rabbit in mid-air  草原を走っているのは、子ギツネだろうか。ウサギを口にくわえるその姿は、どこか誇らしげなようにも、ウキウキしているようにも見える。  が、ふいに立ち止まって……次の瞬間。  ああああ〜っっ!  せっかくのエモノをワシがネコババ!が、キツネは意地でもエモノを放さず、そのまま一緒に宙へ浮かび上がってしまった!  キツネは体をジタバタさせて、なんとかエモノを取り返そうとがんばる。しかし、最後は残念ながら落下してしまった。  あまりに高いところから落ちていたら、キツネもきっと無事では済まなかっただろう。命があるだけ良かったかもしれない。  これはちょっとひどいんじゃないのと、ワシに対して文句のひとつも言ってやりたくなるような一幕だった。ガッツあるキツネくんは、これにめげず、また立派なエモノをつかまえてほしい。 written

Read more

トースターの攻撃!猫はキッチンから転げ落ちた!

 食べ物の匂いでいっぱいのキッチンは、猫たちにとって魅力的な遊び場だ。でもそこには、高確率で猫たちの天敵とも呼ぶべき存在がいる。   そいつは、魅力的な匂いを発して猫たちをおびき寄せるが、最初は何もしない。誘い出された猫たちが油断したところで、満を持して攻撃をしかけてくるんだ。  そいつの名前は……トースターだ。 スポンサードリンク [embedded content]Assault Of The Toasters  出オチ、という言葉がこれほどしっくりくる後ろ姿もない。この猫チャンがこのあとどうなってしまうのか、ニンゲンには火を見るより明らかなのだけど……少し見守ってみよう。  ギニャーーーーッ!  こっちの子は机ごしのトースターに興味津々。でもそんなにのぞき込んでると、危ないよ。  ほらね〜。  この子はすました顔で通り過ぎようとしていたけれど……。  タイミングが悪かった。  というわけで、猫 vs トースターは、猫たちの連戦連敗だった。  こういう映像を見ていると、つくづく猫たちの行動は人間の理解を超えていると感じるんだ。そもそも、加熱中のトースターの前に決まって顔を出してしまうのはなぜなんだい?  もしかすると、猫たちだって「なぜなんだ」と思っているかもしれない。思っていても、好奇心には勝てないのかもしれない。こんなふうに不可解なところもまた、猫の魅力だよね。  きっと今日も、この世界のどこかで猫とトースターが戦っているんだろうなあ。 written by momoあわせて読みたい注射、イヤ!絶対!な子猫、優しい獣医さんと格闘を続ける ちょっかい出すのやめてくれないかなあ…。傍若無人なヨウムと忍耐強過ぎる猫のアンニュイ… 「すみません、ボクにも少しくださいな…」猫にご飯を取られちゃった犬

Read more

猫母さんの子育て。猫からお乳を飲む子犬たち。

  動物たちの母さんの母性は天井知らず。異種だろうとよそんちの子だろうと受け入れてしまう肝っ玉の大きさ、そして気まぐれさも持っていたりする。  今回は、自分の体ほどもある子犬たちに自分のミルクを分け与える情け深い猫母さんの存在が明らかになった。 スポンサードリンク [embedded content]Puppies consuming milk from a cat 猫母さんがやってくるのを感知するなり、子犬ズは大喜びでじゃれまわる。猫母さんはなされるがままにお乳を分け与えているよ。しかし、猫母さんには他にも大切な大切な任務があった。それは自分の子供たちのお世話をすること。しかし子犬たちもほっとけない、ってことでまとめてお世話しちゃっているらしい。授乳する猫母さん、しっかり栄養をつけて健康に気を付けてほしいものだね。  猫母さん、非常に美人ママである。 それでいて気性穏やかそう。  猫母さんが大好きなのだろうか、子犬たちは大喜びだ  倉庫の裏にある段ボールには、猫母さんのわが子たちがいた 猫母さんは子犬と子猫の世話をしていたのだ  いつかは子犬たちも入り混じっての大騒ぎに  このままではあまりに猫母さんに負担がいってしまう!ってことで、人間たちは子犬用に粉ミルクを準備することにしたようだ。そもそも乳離れしてから引き取られてきたという子犬たちだけど、急な環境の変化でお母さんのお乳が一時的に恋しくなっているのかもしれないね。  このお家では今後は異種間親子と兄弟が顔輝いっぱいに育っていくことだろう。今後の成長記録も気になるところだ。 written by kokarimushi あわせて読みたい「あなたにはママがいないのね?どうぞ我が家へいらっしゃい」猫のママ、リスのママになる 子猫のためならエンヤコラ。肉球さばきで子猫の毛づくろいをする猫母さんのがんばり 猫母さんの子育て奮闘記。甥っ子姪っ子まとめて育てる姉妹猫 嵐の中で見つかった赤ちゃんリスをお世話する猫のへティーさん。そして子リスズがついに母リスと再会! ここにいる間はボクをパパだと思ってね!病気の子猫たちのお世話をするのが大好きな猫 Tweet タグ

Read more

水かきが止まらないハスキーに「水がもったいない!」としかりつける猫のお説教

  資源というのは限りがあって、無駄遣いしちゃいけないよというのはある程度大きくなれば分かってくる。だけれども、水遊びが楽しくて仕方ない時期ってのもある。  たらいに張った水で我を忘れて水かきしていた小さなシベリアン・ハスキーが猫先輩から教育的指導を受ける姿が目撃された。 スポンサードリンク [embedded content]The Cat: Cease losing water canine  せっせせっせとたらいの水を水かきするハスキー。暑い夏なんかにやったらさぞ涼しくて気持ちいいことだろう。しか~し、そこに猫先輩が現れた。どうする?どうなる?  しゃかしゃか水かきに余念がないハスキー  そこに猫先輩が現れ、突然の猫パンチ  長めのお説教では「水は無駄にすんニャ!」とか言われているのかもしれない  最後には壺の後ろに頭を隠してしまうハスキーなのであった  遊んでいるうちについついハッスルしちゃうことはよくあることだ。水かきするハスキーの何が猫の気に触ったのかはいぜんとして謎に包まれている。猫らしいといえば猫らしいけど果たしてなんだったんだろうね。 written by kokarimushi あわせて読みたいワイより先に寝るんじゃねえ!寝てる犬を猫パンチで叩き起こす猫 「寄るにゃ触るにゃ近づくにゃ!」背後から忍び寄るクマーに向かって猫パンチが炸裂 猫と犬と猫のトライアングルなのか。尻尾に飛びついた犬に猫パンチした猫に思わぬ制裁が待っていた。 肉球と肉球のぶつかりあい。猫先輩からパンチを習う子犬 「肩と腰にきてますわ」ナニコレ。うちにも来てほしい。凄腕のマッサージ猫あらわる! Tweet

Read more

なんて人懐っこいヤツらなんだ!ダイバーさん、コシオレガニに「遊んで!」と催促されてしまう

 エビやカニといった甲殻類って、何考えてるかわかんないよね。そもそも何か考えてるのか? 感情とか知性とかってあるんだろうか。  と思っているそこのキミ、もしかするとエビもカニも可愛いかもしんないじゃん、懐くかもしれないじゃん、などと思ってしまいそうになる動画が発見されたのでシェアするよ。 スポンサードリンク [embedded content]Curious Tuna Crabs are glad to satisfy a diver  ダイバーの前にひょこっと現れたのはカニさんかな、エビさんかな。  どうやらカニさんだったみたい。不思議そうにカメラを見ているよ。  カニたちの前で手を広げてみる。ヒトデは好きかな? と、おやおや、カニたちはヒトデよりもダイバーさんの手に興味津々なよう。  いっせいに近づいてきてグローブにタッチ。 「コレなに?」「アンタだれ?」「食べられる?」  いっしょに遊んでほしかったのかな、それとも好奇心を満たしたかったのかな。あるいは美味しそうに見えたのかもしれないけれど、なんとも微笑ましくもかわいいカニたちとダイバーさんの触れ合いタイムであった。  このカニたちはコシオレガニっていう種類なんだって。マグロなんかが良く食べるので、英語ではツナクラブって呼ばれているんだ。カニっていうよりはちょっぴりエビにも似てるよね。  もっと遊ぼ!  普段は深海に生息しているんだけど、エルニーニョなど異常気象の影響か、時には海岸に押し寄せてくることもあるらしい。こいつが大量に打ち上げられた様子は、以前カラパイアで特集したことがあるので、よければそちらの記事も見てほしいな。 written by ruichan

Read more

マスクとって~!飼育員メイさんにチューしようとする赤ちゃんパンダ

  中国の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地にておなじみの、子パンダとパンダたちにてんてこまいの飼育員のメイさん。先日は熱烈なキスシーンが目撃されていたが、メイさんとパンダはその後どうなったのだろうか。  今日も今日とてころころかわいいパンダたちと、お世話に明け暮れるメイさんのほんわかな暮らしを見てみよう。 スポンサードリンク [embedded content]Child Panda Tries To Kiss Nanny However Fails | iPanda  子パンダたちは日々成長して、丸々とパンダらしい体つきになってきた子もいるようだ。おそらくいたずらっぷりもばっちり成長していることに違いない。  今日もメイさんに抱えられたパンダは、まずはメイさんのマスクをびよ~んと引っ張るよ。メイさんにちょっかいがかけたくて仕方ないのかもしれないし、またキスしたいのかもしれない。  のっけからメイさんのマスクをみょーんと伸ばしている子パンダ かわいい盛り、いたずら盛りなのだろう  「これ取る」という具合にマスクをぎゅっと握って離さない  その後はマスク越しにメイさんのお口にがぶりんちょ  最後はメイさんの腕から降ろされていた…と思ったら足元にももう1匹いたぁ!  丸まっちくてモフふわなパンダのお世話係、ちょっとうらやましい気持ちで胸がいっぱいになってきちゃう。メイさんには今後もぜひお仕事に励んでいただいて、かわいいパンダ動画をよろしくお願いしたいもんだ。 written by kokarimushi あわせて読みたい遊びたいさかりだから。去年の夏生まれた23頭の子パンダたちの記念撮影がフリーダムだった。

Read more

やったー!私がんばれー!自分の優勝ビデオを大喜びで見るボーダーコリー

  オトナになるとなかなか褒められることがなくなって、時々自分の珍しく褒められた思い出を取り出して己を励ましてみたりする(私だけか?)。  今回ご紹介するボーダーコリーのカークさんは、2017年にピュリナプロチャレンジに優勝したワンダフルドッグなんだけど、その時に撮影されていたビデオを見てるとついついうれしくなっちゃうようだ。なんだか親近感わいちゃうのでみんなにもぜひ見てほしい。 スポンサードリンク  自分の出場していたコンテストの撮影動画がテレビに流れている時点でもう視線釘付けのカークさん。名前はもちろん、スタートレックのカーク船長にちなんだものだそうだけど、こちらのカークさんはかわいいレディなのでよろしく。  よーいスタート!まではおとなしくしていたカークさんだったが…  テレビの中の自分が走り出すとぴょんぴょん飛び跳ねちゃう!   動画を見るとわかるんだけど、レース中のカークさんはとっても華麗に次々と障害物を乗り越え、潜り抜けている。でもテレビの前で飛び跳ねるカークさんは誰かを励ます乙女そのもの。チアガールよろしく、ぴょんぴょこ跳ねて自分の応援をしつつ、自分の成功を喜んでいるようなんだな。  我々も時に自分の思い出ボックスから良い思い出引き出して、自分を甘やかしつつ励ましつつ今日を乗り越えていこう。そんな日があってもいいじゃない。 written by kokarimushi あわせて読みたい最高の演技を見てほしい!ボーダーコリーと踊るドッグダンスの決勝戦を楽しもう 「わかってるよ、見てるんでしょ?」としっかりカメラ目線。隠しカメラの前でサービスするボーダーコリー 101匹のわんちゃんもびっくりの光景がそこにはあった。およそ600匹のボーダーコリーが集合! これぞ天職!ボーダーコリーの子犬が、生まれて初めて見た羊たちを見事に追う姿がさすがだと評判に よしきた出番だ!ボーダーコリーによる心肺蘇生法レッスンの始まり始まり~ Tweet タグ : 犬 ボーダーコリー ジャンプ 動画 Link

Read more

「だっていっしょに飛びたいんだもの!」人間に育てられたガン、疾走するボートと並んでお散歩を楽しむ

 以前カラパイアでお伝えした、助けてくれた人間の男性の恋人気取りのカナダガン、カイルのお話を覚えている人はいるかな。あのカイルがなんと、お母さんになったらしい。おさらいを含めて、カイルが今どうしているのかを見てみよう。 スポンサードリンク [embedded content]Goose Visits Man Who Rescued Her Each Day | The Dodo  アメリカのオレゴン州にあるオスウィーゴ湖。ここには疾走するボートとといっしょに飛ぶカナダガンがいる。  毎朝、湖畔のリゾートに勤めるマイク・ジヴァンジーさんのボートに並走して飛ぶこのガン、名前はカイルという。  湖で溺れかけていたところを、マイクさんに救われたカイル。  どうやら足にケガをしていたため、親鳥に育児放棄されてしまったらしい。  ボートに飛び込んできたカイルを保護したマイクさん。  親に見放されたカイルを、マイクさんは自分の手で育てることにした。  そして立派に育った後も、カイルはマイクさんのそばを離れようとしなかった。  そしてある時から、マイクさんのボートに並走して飛ぶことを楽しむようになったそう。  まるで犬の散歩をしてるみたいだと、マイクさんは語る。  普段の所業もわんこのよう。オヤツをこっそりたべちゃったり、イタズラをしたり。「オマエがやったんだろ、カイル?」とマイクさんがとがめても、「知らないわよ」と決して罪を認めようとしないらしい。  そんなカイルに、ユージーンという名のボーイフレンドができた。

Read more

ぷはーっ、うめぇ!キンッキンに冷えてやがるよ!冷蔵庫からビールを運んでくる犬たち

 一時の酷暑はどうやら峠を過ぎて、夏の終わりがようやくぼんやりと見えてきたような気がする今日この頃。とはいえ平常運転に戻っただけで、やはりまだまだ暑いよね。  そんな時にはとりあえずビール! キンキンに冷えたやつを一杯やっつけたい。だけど冷蔵庫まで行くのは面倒だし。というお友だちには、こんな動画はどうだろうか。 スポンサードリンク [embedded content]“Canine Fetching Beer Compilation” || CFS 「ビール持ってきてよ」というご主人のリクエストに、けなげに応える犬たちってば、なんておりこうさんなんだ!  自分で冷蔵庫のドアを開けて、中からちゃんとご主人の求める「冷たいビール」を取ってくるよ。  ありがとう! えらいえらい!  おっと、後ろの犬はちゃんとドアまで閉めてくれた。なんてお利口さんなんだ!  ドアを開けるのはお茶の子さいさい、だけど開けっ放しにされちゃうと、結局ご主人が閉めに行かなきゃならないんじゃなかろうか。  でもどこのお宅も、わんちゃんが冷蔵庫を開けられるようにしているけれど、閉めてくれるわんこは半分もいないような気がするよ。閉めてくれるわんこをほめちゃうよ。  開けっ放しの冷蔵庫はちょっと気になってしまうけれど、ビールをもってきてもらうのはやめられない。  この最後のわんこのように、ちゃんと冷蔵庫を閉めに戻ってくれたら、もう言うことはないんだけどね。  みんなのところのペットたちはどう? どんなお手伝いをしてくれるかな。冷蔵庫からビールをもってきてくれるというペットがいたら、ぜひコメント欄で教えてほしい…ドアをちゃんと閉めるかどうかを。 written by ruichan ▼あわせて読みたいなぜどうして、自分の家なのにロックアウト?中にいた愛犬に開けてくれるよう頼んでみた 1022個の単語を記憶している天才ボーダーコリーのチェイサーさんの訓練風景 ぜ~んぶお手伝いしちゃうから任せてね!おつかいもゴミ捨ても朝飯前のかしこいグレートデン

Read more

うわ、ビックリした、なんじゃこれ!ウサギと対面したエミューの反応にこっちもビックリ

 初めて見かける生き物といきなり遭遇してしまったら、誰でも一瞬ビビると思う。「うわぁ」とか「うへぁ」とか、思わず変な声を出しちゃったりして。  飛べない鳥であるエミューさんの場合は、こんな反応をしちゃうらしい。どんなって、ちょっと口では説明できないから、まずは動画を見てみよう。 スポンサードリンク Tweet タグ : ウサギ 鳥 エミュー エンカウンター 動画 Link

Read more